AREGA水素水サーバー販売・血栓予防アドバイスのやまがた健康ステーション・アフターフォロー日本一を目指します!

脳内の血管を詰まらせることなく、破かせることなく、予防に努めましょう

脳内の血管を詰まらせることなく、破かせることなく、予防に努めましょう

おはようございます。
今も言うのかわかりませんが、ひと昔前は、癌・心臓病・脳卒中のことを「3大成人病」と言ってました。

どの病気も怖いですね・・・。



連日くも膜下出血についての記事を書いています。
くも膜下出血は、「脳卒中」になります。


脳卒中はさらに、脳梗塞と脳内出血に分類されます。

脳内の血管が詰まるのが脳梗塞。
脳内の血管が破けて出血したのが、脳内出血です。


くも膜下出血は、脳内出血になります。
脳内出血にも、さらに発症部位により病名が変わりますが、ここでは割愛いたします。


お伝えしたいことはただ一つ!
「脳内の血管を詰まらせることなく、破かせることなく、予防に努めましょう」
ということです。


多くの方が前触れがあると思いますが、脳卒中自体は突然訪れます。
そして、脳疾患で悲惨なのは、即死する方もいますし、たとえ助かっても、後遺症が残りやすいということです。


病気した方も家族の方も、必ず悔やみます。
だからこそ、脳卒中をはじめ、生活習慣病にならないように、「日頃からの予防」が大切なんですね。



「脳出血も脳梗塞も自力で防ぐ知恵とコツ」には、このように書かれています。

現代の医療は発達し、脳出血や脳梗塞を発症しても何とか生き延びられるようになりましたが、多くの人が寝たきりになったり、体が不自由になる人も多くいます。では、脳出血や脳梗塞の間では人間は無力でしょうか。そんなことはありません。日々の食事や生活習慣に気をつければ、血管をしなやかに、血圧は正常に保つことができますし、血液もサラサラにできます。体調が少しおかしいと思った時に検査を受ければ、脳出血や脳梗塞を未然に発見して治療することだって可能なのです

上記に書いてますね。
【日々の食事や生活習慣に気をつければ、血管をしなやかに、血圧は正常に保つことができますし、血液もサラサラにできます。】
まさに、ポイントはここだと思います。


脳卒中も「生活習慣病」ですから、生活習慣に気を配りながら生活することが、病気のリスクを減らすことにつながるのは間違いありません。


私は「無料健康相談」も行っています。
お役に立てると嬉しく思いますので、ご質問などあれば、お気軽にご連絡ください(^-^)


お電話:0238-27-0018
E-mail:yks.kome@gmail.com
お問合せフォーム


画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional